京都美山牛乳物語 乳清と塩の洗顔せっけん

乳清と塩の洗顔せっけん

美山牛乳と乳清を贅沢に使い、天然海塩を加えたら、ミルクのように滑らかな「せっけん」が出来ました。以下の成分は使っていません!香料、着色料、防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、発泡剤、凝固剤

京都美山牛乳物語 乳清と塩の洗顔せっけん
京都美山牛乳物語 乳清と塩の洗顔せっけん
※初回ご購入時はミニ石鹸15g同封。ミニ石鹸でお肌にあわない時は[本商品90g未開封、30日以内なら返品可能。]返送料はご負担ください。

かやぶき屋根が連なる集落、京都・美山。休日ともなると、大勢の観光客がやってきます。その美山の特産の1つが「美山牛乳」です。

日本の原風景が残る「京都美山町」京都市の中心部から車でわずか1時間余り。美山町北集落は、「かやぶきの里」として、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。澄んだ水と豊かな緑に囲まれた美山町内にはおおよそ150棟余りの「かやぶき屋根」が現存し、日本の原風景を残す町として知られています。

美山牛乳は数少ない本物の牛乳

おいしい本物の牛乳

美山の美しい環境のもと、毎日栄養たっぷりの
「美山牛乳」が生産されます。

スーパーやコンビニで売られている牛乳の殆どは、
120~130℃で2秒間の高温殺菌されたものですが、
「美山牛乳」では、85度で15分間の保持殺菌を行なっています。

85度で15分間の保持殺菌は、手間ヒマがかかるため、
生産量が少なく、スーパーなどでもあまり流通しておらず、
手に入れにくい「貴重」なもの
となっています。
生乳そのものの風味と、甘みを残した「おいしい本物の牛乳」なのです。

美山牛乳

開発STORY 京都由来の原料を使いたいと思った時、真っ先に浮かんだのが「美山牛乳」でした。

京のすっぴんさん
とは…?
京のすっぴんさんは『素肌に自信のもてるすっぴん肌を手に入れる』をコンセプトに、天然由来の原材料にこだわった純国産の無添加コスメとして、2010年4月に誕生しました。使うほどに素肌力を引き上げる独自のシンプル処方で、年齢や世代、肌質を問わず、自然派を愛する多くの方から支持をされています。

美山は、昔からよくドライブに行っており、娘が幼い頃は毎週のように遊びに行っていました。
福井に行く時には、通り道にある道の駅で「美山牛乳」のジェラードで休憩、というのが、私の至福のひと時。
いつものように、ベンチに腰掛けジェラートをほおばっていた時のことです。
ふと、ある考えが浮かんできました。

「この美味しい“美山牛乳”を使って、石けんを作ったらどうだろう?」

というのも僕は最近、当社が展開している自然派化粧品「京のすっぴんさん」シリーズで、
京都由来の原料を使いたいと思い始めていたんです。そこで早速「美山牛乳」の使用許可を取ることに‥‥

京都由来の原料を使った化粧品を作りたい、と考えております。“美山牛乳”を、使わせていただくことは可能ですか?意外にも(?!)スムーズに使用許可をもらえて気を良くした僕は、早速、試作に取りかかりました。

ところが!ここで問題が出てきました。作れますよ!石鹸を作るのに、普通は精製水を使いますが、美山の乳清(ホエイ)だけで、作ってみます!地元芦屋の漁師でありながら、パルセイユ塩釜職人の二つの顔を持つ、吉田博さんが作っている海塩「うまか芦屋塩」も加えることになりました。※塩を入れると、肌のキメを整え、すっきりと引き締めると言われています

翌日廃棄する為に、もう一度石けんを見てみると、見た目は石けんのように固まっていました。手を洗ってみると、まだ熟成が30日以上掛かる状況なのに、泡立ちがよく、保湿感がものすごく良い。香りも悪くない。検査で問題が無いことを確認し、30~60日熟成してみようと廃棄を中止しました。牛乳と乳清(ホエイ)の石けんを使ってみると「生クリームの様な泡立ち」「ハチミツを上回るほどの保湿感」があることに驚きました。さらには「カステラのような甘い香り」がほんのり漂っていたのです!金井さんの職人魂、希少な美山牛乳・乳清を提供していただいた美山ふるさと様、塩釜職人の吉田さん、皆さんの協力の下、こうして完成したのが…

極上保湿 カステラのような、ほのかに甘い香り

洗顔だけなら約2ヶ月分

美山牛乳と乳清を贅沢に使い、天然海塩を加えたら、ミルクのように滑らかな「せっけん」が出来ました。以下の成分は使っていません!香料、着色料、防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、発泡剤、凝固剤
京都美山牛乳物語 乳清と塩の洗顔せっけん
京都美山牛乳物語 乳清と塩の洗顔せっけん
京都美山牛乳物語 乳清と塩の洗顔せっけん
※初回ご購入時はミニ石鹸15g同封。ミニ石鹸でお肌にあわない時は[本商品90g未開封、30日以内なら返品可能。]返送料はご負担ください。

水を使わず、美山牛乳と乳清を贅沢に使い、玄界灘の海塩(うまか芦屋塩)を加えました。

成分はたったの4つだけ。

石鹸素地、ホエイ、牛乳、海塩。それなのに、一度使うと手放せなくなるほどの魅力があります。

3つのこだわり原材料

美山牛乳(保湿成分)

西日本屈指の天然林が広がる芦生原生林や、清流・由良川などの豊かな自然に恵まれた地域である京都・美山町は、かやぶきの里としても知られています。

そんな美山町のおいしい空気ときれいな水、静かな環境の中でのんびり飼育されている乳牛から「美山牛乳」が生産されています。

町内の3軒の酪農家、計100頭の乳牛からとれる牛乳の生産量は1日約3トン。

85度で15分間の保持殺菌を行う手間をかけています。沸騰する温度ではないので、生乳そのものの風味と甘みを損ないません。

乳清(ホエイ)と塩の洗顔せっけんでは熱を加えず低温で作る製法で、美山牛乳のこだわりを活かしています。

美山
美山牛乳

美山乳清(保湿成分)

「美山牛乳」と同じ生乳から作るチーズの製造工程で出来るのが 「美山乳清」です。
乳清は、高たんぱく・低脂肪でカルシウムやビタミン類等の栄養価が 高く、消化が早い点から、近年注目されています。
乳清(ホエイ)と塩の洗顔せっけんでは石鹸の仕込みに使用する水を 一滴も使用せず、代わりに「美山乳清」を使用、乳清の配合量を多くすることで保湿効果を高めました。

乳清
牛

玄界灘の海塩

ミネラル成分を含んだ海塩には…

人間の体液は、海水と同じミネラル成分を含むため、昔から「海塩は肌にいい」と言われてきました。塩には「殺菌力」があり、また塩化ナトリウムやマグネシウムなど、「肌にいいミネラル成分」が含まれています。肌のキメを整えて引き締める。またスクラブ剤として、多くの洗顔製品にも使われています。

玄界灘の海塩
うまか芦屋塩
(海塩)とは?
福岡県芦屋町は、昔から漁業の盛んな地域で、玄界灘と響灘がまじわる海から、様々な魚介類が取れる水産資源豊富な町。この美しい芦屋の海水を沖から汲み上げ、熱効率の良い耐火煉瓦造りの平釜で20時間じっくりと煮詰め、シャーベット状態にし、その塩を40℃の低温でじっくり時間をかけて乾燥させ、にがりと塩を同時に粉末化し絶妙なバランスの塩が出来ました。また、この海塩を製造している芦屋町は、芦屋層群という3000年前の地層があり、古代のロマンが溶け込んでいます。

海塩の開発・製造に残りの人生を費やす覚悟です

地元芦屋の漁師でありながら、パルセイユ塩釜職人の二つの顔を持つ「吉田博」氏

乳清

さらに

高級石けんに使われる「コールドプロセス製法」

高級石鹸に使用される「コールドプロセス製法」は、材料に熱を加えずに、反応熱だけでじっくり熟成させて石けんを作る、昔ながらの方法です。 しかし、この方法だと、製造に時間とコストがかかるため、高温で加熱しながら作る「ホットプロセス製法」の方が、現在は主流となっています。

パルセイユ株式会社 金井誠一氏

コールドプロセス製法最大のメリット

一方、コールドプロセス製法なら、材料に熱を加えずに低温で作るので、良質な成分が壊れにくく、熱に弱い、保湿のための美肌成分も石けんに“閉じ込める”ことが出来るのです。
「乳清と塩の洗顔せっけん」は、「美山牛乳」と「美山乳清」の美容成分を活かすために、コールドプロセス製法で30~60日の熟成期間をかけ丁寧に手作りしています。

乳清

京都美山牛乳物語はこんなあなたにオススメです

専門家の声

落とすべきものを落とし、
残すべきものを残す肌の荒れを
防ぐ石鹸

10代の頃より様々な肌のトラブルに悩んだ経験から、オーガニックコスメに辿り着き、現在、表情筋を研究する「顔ラボ」を主宰しています。

実は私、石鹸で肌に合うものがなかなかなく、実験のように自分の肌で色々な石鹸をためしてきました。どんなに自然な成分でつくられているものでも、毛穴が開いてしまったり、(脂肪酸の種類が問題なのだとおもいます)赤くなってしまったり、乾燥してしまったり、吹き出物ができてしまったり… 2、3日は調子がよくても、使い続けると何かしら違和感を感じることもありました。なので、石鹸はほぼあきらめていましたが、今回この「美山牛乳物語“乳清(ホエイ)と塩の石鹸”」を10日間使ってみたら… 洗い上がりがちょうど良いです。ややさっぱりですが、必要な皮脂のとられすぎ感がなく、軽いメイクも落ちています。

10日間使い続けて、(吹き出物などの)トラブルが出ないということは… 「落とすべきものをおとし、残すべきものを残す」という証拠です。

あとは、肌が柔らかくなったような気がします。お風呂場に置いておいても、ドロドロになったりしないのは有り難いですね。
(※使用感には個人差があり、効果を保証するものではありません)

笠井三惠子様 かおラボ(お顔研究所所長)
国際オーガニックセラピー協会認定オーガニックセラピスト
自身のトラブル肌に10代の頃から30年向き合った末、化学物質を排除したコスメを使ったオーガニックエステサロンを立ち上げる。そこから顔の筋肉の研究を重ね、年齢に負けない柔軟な筋肉を取り戻すフェイストレーニングを開発。肌、筋肉両面から徹底的に指導する統合研究所「かおラボ」を立ち上げる。筋肉隆々ではない、柔軟な女らしい筋肉が蘇ると評判。
笠井三惠子様 かおラボ(お顔研究所所長)

美山牛乳物語のここが好き!お客様の声が届きました

思わず何度も触ってしまうほどのうるおい感に感動!

M.Y

牛乳と乳清と塩のせっけんと聞くと、真っ白いイメージがありましたが、はちみつ色のような茶色がかった色で少し驚きでした。合成着色料の色ではなく自然な色味なので安心感があります。
ずっしりとしていて、ほんのりしっとりしているような触り心地。泡だてネットを使うと、簡単にモコモコと弾力のあるもちもち泡が作れました。ヘタリにくい泡なので、肌に負担がかかりにくく、優しく丁寧に洗うことができ、小鼻などの細かい部分までスッキリ。毛穴はスッキリするのに必要な潤いは残してくれているような気がしました。
泡切れが早いので、忙しい朝にもぴったりだと思います。石けん特有のキュッとした洗い上がりではなく、すべすべ・しっとり。思わず何度も触ってしまうほどの潤い感には感動
です。

同じ石けんでもこんなに違うなんて!石けんはつっぱるから苦手というかたにもぜひおススメしたいと思いました。いつもは洗顔後、慌てて化粧水をつけますが、慌てず騒がず。
肌が滑らかでしっとり潤っているので、いつもより化粧水が少なくてもいいように感じます。カサつきやすい季節になると、ファンデーションが粉っぽくなったり、ムラになりやすいのが悩みですが、肌が良いコンディションだと化粧ノリがぐんとアップ。化粧ノリが良いと1日気分良く過ごせるので表情も自然と明るくなります。

化粧水を使うのを忘れるくらい!

K.I

洗い上がりもさっぱりはするけど、つっぱるわけではなく程よいすっきり感で洗いすぎてるような感じではないのがとても心地よいです。
それでいて、タオルドライ後はしっとりしていてすぐ化粧水等つけるのを忘れるぐらいでした。

敏感肌の私でも使えました

K.U

化粧品を変えるのは少し怖かったですが、使ってみて、刺激もなく、洗顔後も突っ張らない感じなので、安心して使用してみているところです。 牛乳のような真っ白な石鹸ではなく、より自然な感じで納得しています。敏感肌の私でも大きなトラブルなかったので良かったです。

勿体なくて洗顔にしか使えない

R.F

私は元々色が白いと言われる方ですが、さらに明るさ感が出てきたように感じます。
全身に使える石鹸との事ですが、勿体無くて、洗顔にしか使用出来ませんでした。

洗い上がりはさっぱりしているのに、乾燥が気にならない!

N.K

いつも、顔を洗ったあとは急いで化粧水を付けるのですが、しばらくそのままでも平気でした。また、洗顔後の顔のくすみが抜け、一段と明るくなります。これが乳清のパワーなのでしょうか?これまで、しっかり落としたい時は洗浄力の高い石けんを使い、しっとりさせたい時は別の洗浄力の優しめの石けんを使っていたのですが、こちらであればこれ一つでOKだと感じました。使い続けていれば、肌そのものが綺麗になっていきそうです。

簡単なメイクもキレイに落ちました!

M.Y

泡立ちがよく、クリーミーな泡で優しく包んでくれるような使用感。
簡単なメイク(日焼け止めにパウダーをつける程度)であれば、きれいに落ちました。
洗いあがり後も、つっぱることもなく良かったです。
肌がワントーン明るくなった気がしました。

白髪がすごくてアレルギーを起こしていた私が

N.K様 52歳

ワタシは白髪がすごくて、数年前にジアミンアレルギーを起こしてしまい、普通の白髪染めを使えなくなってしまいました。自宅で染める際、髪の生え際からベッタリとカラートリートメントを使うため、頭皮が結構荒れています。今回、シャンプーがわりに、こちらの石けんをネットで泡立てて洗ってみたところ、とてもスッキリして、髪の根元もふんわりとして良い感じなのです。(洗髪後はトリートメントを使用)スキンケアはなるべくシンプルにしたいと考えています。そんな私の考えに、牛乳の乳清と塩のせっけんは、良く合うと思えましたので、大変気に入りました。

子供と一緒に使っています!

C.U様 44歳

息子は毎日汗まみれになって帰ってきて、先ずシャワー。洗顔も気にする年頃になってきて、私が「おいしい牛乳で出来た石鹸だよ、だから顔にどうぞ」って言うと 、息子は喜んで、毎日洗った後「どう?綺麗になったでしょっ?」と確認してきます。息子、喜んで使用しております。ありがとうございました!

せっけん素地・乳清・塩・牛乳というシンプル設計が嬉しい

M.K様 60歳

※使用感には個人差があり、効果を保障するものではありません
※ご年齢は、取材時のものです

よくあるご質問

Q全成分を教えてください
A石ケン素地・乳清(ホエイ)・牛乳・海塩です。
合成香料・合成界面活性剤・防腐剤・鉱物油・凝固剤・発泡料・合成着色料は使っていません。
Qメイク落としは出来ますか?
A軽いメイクなら、ダブル洗顔で落とすことができます。
(※ウォータープルーフを使ったものは、落ちにくい場合があります。)
Q牛乳の匂いが苦手なのですがどんな香りでしょうか?
A香料は、使用しておりませんが、ほのかに甘いカステラのような香りがします。牛乳の香りは、いたしません。
Q敏感肌やアレルギーがあっても使えますか?
A石油由来成分を一切使っていない、低刺激性の石けんです。ただし、使用感には個人差がありますので、お肌に異常がある場合は使わず、万が一、合わない場合は、ただちに使用を止め、皮膚科専門医にご相談ください。
アレルギーのあるお客様は、全成分をご確認の上、アレルギーの成分が含まれている場合は、ご利用にならないようお願いいたします。
Q泡立ちが悪いように感じるのですが・・・
A本商品は「せっけん素地・乳清・塩・牛乳」のみで作られており、人工的な発泡剤を入れておりませんので、市販のボディーソープなどに比べ、泡立ちにくく感じられる場合があります。その場合は、泡だて用のネットを使って丁寧に泡立てると、目の細かいふわふわの泡を作ることができます。
Q1つで、どの位使えますか?
A使用頻度や保存状態にもよりますが、洗顔のみで1.5ヶ月~2ヶ月、全身に使った場合は、3週間~4週間です。
(※お1人様使用の目安)
Q消費期限はありますか?
A未開封で製造から3年・開封後は3ヶ月を目安にご使用ください。
Q保管で気をつけるコツはありますか?
A水分を吸着しやすい特徴がありますので、ご使用後は水切りの良い石鹸置きで、保管して頂くと長持ちします。特にお風呂場でお使いになられたあとは、浴室外で保存されることをオススメします。
Q肌に合わない場合は、返品できますか?
Aはじめてご購入の際は、お試し用のミニサイズをお付けしております。まず、ミニサイズでお試しいただき、 お肌に合わない場合は、未開封の本商品をご購入日より、30日以内にお返しください。
※本商品未開封で、ご購入日から30日以内の場合に限り、返品可能
※勝手ながら、返送にかかる送料は、お客様負担をお願いしております

極上保湿 カステラのような、ほのかに甘い香り

洗顔だけなら約2ヶ月分

美山牛乳と乳清を贅沢に使い、天然海塩を加えたら、ミルクのように滑らかな「せっけん」が出来ました。以下の成分は使っていません!香料、着色料、防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、発泡剤、凝固剤
京都美山牛乳物語 乳清と塩の洗顔せっけん
京都美山牛乳物語 乳清と塩の洗顔せっけん
京都美山牛乳物語 乳清と塩の洗顔せっけん
※初回ご購入時はミニ石鹸15g同封。ミニ石鹸でお肌にあわない時は[本商品90g未開封、30日以内なら返品可能。]返送料はご負担ください。
安心の30日間返品保証
※本商品未開封で、ご購入日から30日以内の場合に限り、返品可能
※勝手ながら、返送にかかる送料は、お客様負担をお願いしております